小児歯科

お子様の時期に合わせた適切な予防を提供

お子様の時期に合わせた適切な予防を提供

おとなの患者様も歯の状態、歯並び、治療履歴によって適切な予防は異なります。これは、歯が生え変わる時期にあるお子様も同じです。お子様お一人おひとりの状態をよく確認した上で、適切な予防を行わなければいけません。当クリニックでは「お子様の患者様」と一括りに考えるのではなく、1人の患者様、そして1人の人間と考えて、それぞれのお口の個性に配慮した「画一的ではない予防や治療」を提供します。
また保護者の方に対して、お子様の成長発育に関する知識を提供するほか、親子ブラッシングや仕上げ磨きなどを指導することで、ご家族全体で正しい予防が実践できる環境作りをサポートします。

小さなお子様の歯を虫歯から守るために

小さなお子様の歯を虫歯から守るために

当クリニックでは、お子様本人に予防治療を提供するだけでなく、保護者の方の歯に関する知識と意識を向上することでも、病気予防をはかっています。例えば、保護者の方が「体にいい」と思って与えているものでも、糖分が含まれているために、お子様の歯の虫歯の原因となってしまうことがあります。ですので、どういった食品や飲料品にどれくらいの糖分が含まれているのか、詳しくお話しするようにしています。また、母乳にも乳糖という糖分が含まれており、基本的には虫歯の大きな原因とはならないとされていますが、不規則な授乳など、虫歯菌にとって好環境な状態を作ってしまうと、虫歯リスクを高めるとされています。
こうした「情報」をきちんと知ることは、小さなお子様の歯を虫歯から守ることに繋がります。当クリニックは保護者の方に「情報提供」することで、ご家族と一緒に大切なお子様の歯を虫歯からお守りします。

小さなお子様であっても、遠慮なさらずに連れて来てあげてください

小さなお子様であっても、遠慮なさらずに連れて来てあげてください

小さなお子様を初めて歯科クリニックに連れて来られる方の中には、「まだ1歳半だけど、診てもらえるかな?」と不安に思われる方もいらっしゃるようです。しかし、遠慮なさる必要はありません。当クリニックでは年齢に関わらず、どんなお子様にもきちんと丁寧に予防治療を提供します。「虫歯との戦いは、乳歯が生え始めた時から始まる」と言われていますので、その段階から積極的にお越し頂ければと思います。

当クリニックの予防治療メニュー

フッ素塗布

虫歯菌の発育の抑制などに効果がある、フッ素化合物を歯の表面に塗ることで歯質を強化し、虫歯になりにくくします。生えたての乳歯や、永久歯に対して高い予防効果を発揮するとされています。年に2~4回程度定期的に塗布することで、さらに予防効果を高めることができます。

シーラント

虫歯にかかりやすい奥歯の溝を、フッ素の樹脂で塞ぐことで虫歯を予防します。永久歯に生え変わり始めた幼稚園から小学校低学年のお子様などにおすすめの予防治療です。シーラント時のレーザー治療の併用は虫歯予防に特に有効です(保険適用)。

ブラッシング指導

お子様の歯の状態を確認した上で、お一人おひとりに適切なブラッシング方法、歯ブラシの選び方などを指導します。歯が生え変わる時期にあるお子様の歯は、特に「一人ひとりに適した指導」が必要となります。また、親子ブラッシングや仕上げ磨きの指導も行いますので、ご家族全体で虫歯になりにくい環境作りに努めて頂ければと思います。

ご予約・お問い合わせはお気軽に

診療に関すること、ご予約に関することなど、
阿倍野区文の里地域にお住いの方で歯のことでお困りでしたらご相談ください。

pagetop